交通事故被害の後遺症は弁護士に

交通事故交通事故被害が起こった場合には、弁護士に依頼をすることが大事だと言います。特に、後遺症が残ってしまった場合は絶対に依頼するべきだということです。

一般的に、交通事故被害によって後遺症が残った場合、加害者側の保険会社が主体となり行う事前認定、そして被害者が主体となって行う被害者請求といった方法があります。この段階で弁護士に依頼が出来るわけですが、具体的にどの段階で依頼をするのが良いのかということです。これは可能であれば認定前に頼むようにしたいものです。後遺障害の認定前の申請の段階からというわけです。こうすることによって、被害者請求という方法で申請することになり、弁護士に頼んだ場合は後遺障害の等級認定に有利な資料を添付し申請することが出来るのです。もし、弁護士に依頼しないでいると、多くの場合は、事前認定という方法になってしまうのですが、この場合は任意保険会社のなすがままということになってしまうのです。

ちなみに、弁護士に後遺障害の認定を依頼することのメリットは、後遺障害の等級認定に有利な資料を添付して申請してもらうことが出来るのです。主治医に医療照会をした結果の書面、弁護士名義の意見書などがあります。こうした資料を元にして、弁護士が被害者に残っている症状が自賠責の認定基準に当てはまることを論理的かつ説得的に記載する書面を作成します。これにより、適切な後遺障害の等級認定がされる確率がアップするというわけです。これこそが、弁護士に依頼をすることの大きなメリットと言えるのです。