弁護士に相談すべき

障害後遺障害の認定というのは、いつすべきなのかということですが、これは可能ならば認定前に行うのが良いでしょう。弁護士に対して後遺障害の認定前に依頼をするということは、被害者請求という方法での申請になります。そして、弁護士に依頼をした場合ですが、後遺障害に対して等級認定に有利な書類を添付して申請してもらうことが出来るのです。その一方で、もしも弁護士に依頼をしないでいると、事前認定という方法での申請になってしまい、任意保険会社の思うがままになってしまうのです。加えて、被害者が被害者請求の方法で申請しようと思っても、等級認定に有利な資料を添付するのが困難となってしまいます。

ただし、認定結果が出てしまった後でも弁護士に依頼するのも良いでしょう。後遺障害の認定結果に対して不服がある場合には、認定結果を争う方法というものもあるのです。加えて、弁護士に依頼した場合には、認定等級が変更される確率が高くなる資料を集めることが出来ます。弁護士に依頼しない場合には、認定結果に不服を持ったままの示談になる可能性が高くなります。また、最終的な認定結果が出た後でも弁護士に依頼をすることにより、賠償交渉の手続きを遅らせること、さらには賠償額の大幅な増額が見込めるというメリットがあるのです。