認定前に依頼するメリット

弁護士後遺障害を認定前に依頼するメリットについて紹介します。後遺障害の認定前に弁護士に依頼をした場合には、等級認定にとって有利な資料を添付し、被害者請求の方法で申請してくれます。このため、資料収集の負担が大幅に軽減されるという点があります。後遺障害の申請を被害者自身で行うとしたら、必要書類が多いこともあって、収集の負担が大きくなってしまいます。ですが、弁護士に依頼すると、弁護士が被害者の代理人として資料を収集してくれることもあって、被害者自身の資料収集の負担は大きく軽減されるのです。

更に、後遺障害の申請において、等級認定に必要な資料を添付して申請してもらうことが出来ます。主治医に医療照会をした結果の書面であったり、弁護士名義の意見書などがあります。こうした資料を基にして、弁護士がしっかりとした書面を作成してくれることがあり、適切な後遺障害の等級が認定される可能性をアップさせることが出来るわけです。こうした場合において、弁護士に依頼をすることのメリットが高くなるわけです。また、弁護士に頼るということによって、自分では何もしたことがないという人もいるわけで、何をしたらいいか分からないという精神的な不安を解消させることが出来るのです。

●推奨サイト・・・弁護士法人アディーレ法律事務所

弁護士に相談すべき

障害後遺障害の認定というのは、いつすべきなのかということですが、これは可能ならば認定前に行うのが良いでしょう。弁護士に対して後遺障害の認定前に依頼をするということは、被害者請求という方法での申請になります。そして、弁護士に依頼をした場合ですが、後遺障害に対して等級認定に有利な書類を添付して申請してもらうことが出来るのです。その一方で、もしも弁護士に依頼をしないでいると、事前認定という方法での申請になってしまい、任意保険会社の思うがままになってしまうのです。加えて、被害者が被害者請求の方法で申請しようと思っても、等級認定に有利な資料を添付するのが困難となってしまいます。

ただし、認定結果が出てしまった後でも弁護士に依頼するのも良いでしょう。後遺障害の認定結果に対して不服がある場合には、認定結果を争う方法というものもあるのです。加えて、弁護士に依頼した場合には、認定等級が変更される確率が高くなる資料を集めることが出来ます。弁護士に依頼しない場合には、認定結果に不服を持ったままの示談になる可能性が高くなります。また、最終的な認定結果が出た後でも弁護士に依頼をすることにより、賠償交渉の手続きを遅らせること、さらには賠償額の大幅な増額が見込めるというメリットがあるのです。

交通事故被害の後遺症は弁護士に

交通事故交通事故被害が起こった場合には、弁護士に依頼をすることが大事だと言います。特に、後遺症が残ってしまった場合は絶対に依頼するべきだということです。

一般的に、交通事故被害によって後遺症が残った場合、加害者側の保険会社が主体となり行う事前認定、そして被害者が主体となって行う被害者請求といった方法があります。この段階で弁護士に依頼が出来るわけですが、具体的にどの段階で依頼をするのが良いのかということです。これは可能であれば認定前に頼むようにしたいものです。後遺障害の認定前の申請の段階からというわけです。こうすることによって、被害者請求という方法で申請することになり、弁護士に頼んだ場合は後遺障害の等級認定に有利な資料を添付し申請することが出来るのです。もし、弁護士に依頼しないでいると、多くの場合は、事前認定という方法になってしまうのですが、この場合は任意保険会社のなすがままということになってしまうのです。

ちなみに、弁護士に後遺障害の認定を依頼することのメリットは、後遺障害の等級認定に有利な資料を添付して申請してもらうことが出来るのです。主治医に医療照会をした結果の書面、弁護士名義の意見書などがあります。こうした資料を元にして、弁護士が被害者に残っている症状が自賠責の認定基準に当てはまることを論理的かつ説得的に記載する書面を作成します。これにより、適切な後遺障害の等級認定がされる確率がアップするというわけです。これこそが、弁護士に依頼をすることの大きなメリットと言えるのです。