認定前に依頼するメリット

弁護士後遺障害を認定前に依頼するメリットについて紹介します。後遺障害の認定前に弁護士に依頼をした場合には、等級認定にとって有利な資料を添付し、被害者請求の方法で申請してくれます。このため、資料収集の負担が大幅に軽減されるという点があります。後遺障害の申請を被害者自身で行うとしたら、必要書類が多いこともあって、収集の負担が大きくなってしまいます。ですが、弁護士に依頼すると、弁護士が被害者の代理人として資料を収集してくれることもあって、被害者自身の資料収集の負担は大きく軽減されるのです。

更に、後遺障害の申請において、等級認定に必要な資料を添付して申請してもらうことが出来ます。主治医に医療照会をした結果の書面であったり、弁護士名義の意見書などがあります。こうした資料を基にして、弁護士がしっかりとした書面を作成してくれることがあり、適切な後遺障害の等級が認定される可能性をアップさせることが出来るわけです。こうした場合において、弁護士に依頼をすることのメリットが高くなるわけです。また、弁護士に頼るということによって、自分では何もしたことがないという人もいるわけで、何をしたらいいか分からないという精神的な不安を解消させることが出来るのです。

●推奨サイト・・・弁護士法人アディーレ法律事務所